お知らせ
気になる住宅ローン控除 ~その1~

こんにちは。

 

突然ですが、「住宅ローン控除」ってご存知ですか?

 

名前は聞いたことあるけど、内容まではよく分からない、、、

という方が多いのではないでしょうか。

 

今回はその住宅ローン控除についてご説明させていただきます。

 

住宅(ここではマイホーム)の購入を考えられる方の多くは住宅ローンを利用されると思います。

住宅ローン控除とは、一定条件を満たしたマイホームを購入する為に住宅ローンを借りると、年末の住宅

ローン残高に応じて、税金の一部が戻ってくる制度です。

 

控除期間は10年間で、初年度は確定申告が必要です。

年末の住宅ローン残高の1%に当たる金額が10年間、所得税や場合によっては住民税からも控除されます。

※消費税10%がかかる住宅(新築など)の場合で、令和2年12月31日までに入居される場合は13年に延長

 

例えば、

1年目の年末の住宅ローン残高が2000万円だとすると、その1%つまり20万円が所得税から控除されます。

当然、2年目、3年目と支払いをしていくと残高も減ってきますので、この分、控除額も減っていきます。

(注)毎年20万円ずつ控除できるというわけではありません。

 

 

ただし10年間控除できるといっても、実は上限金額が設けられているのです。

長期優良住宅や低炭素住宅では最大500万円(年間50万円)

それ以外の一般住宅では最大400万円(年間40万円)となります。

※上記は課税対象の住宅(新築等)の場合です。ちなみに中古住宅(売主が個人の場合)では非課税となりますので、

その場合は最大200万円(年間20万円)となります。

 

しかし、満額の控除を受けるためには、10年目の住宅ローン残高が、一般住宅の場合でも4000万円なくては

ならない為、実際は上限に満たない額での控除がほとんどです。

 

それでは、

所得税の年額が15万円の場合を考えてみましょう。

上記の例だと、初年度は20万円の控除か可能ですが、控除できる金額は15万円・・・

差額の5万円どうなるの?(>_<)

 

と、この余った5万円は住民税から控除されます。

※住民税の控除額は上限13万6500円

 

 

住宅ローン控除は条件次第で数十万円の税金が戻ってくるので、決して無視できない制度ですよね!

 

今回は大まかなイメージをお伝えしましたが、適用を受けるには様々な条件がありますので、

こちらは次回にお話ししようと思います。

 

その他、お悩みやご質問がございましたら、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

 

 

 

Fudousan Plugin Ver.5.3.2