お知らせ
媒介契約とは? 売却をお考えの方へ

こんにちは。

梅雨が明け、連日の猛暑は体にこたえます。。

この時期は草の成長が早く、自社物件の草むしりが日課になりつつあります(笑)

 

 

さて、不動産の広告を見た時に、取引態様の欄で「~媒介」と書かれているのを見られたことありませんか?

 

今回はその「媒介契約」について少し触れてみようと思います。

※今回は主に売却をお考えの方に関係する内容です。

 

 

媒介契約とは簡単に言いますと、

 

不動産の売却を考えられている方(売主)が不動産業者(仲介業者)に、不動産の広告や販売活動を依頼する際の契約です。

 

要は仲介業者へ「買主さんを探してね。」ということ。

 

 

この契約は宅地建物取引業法に定められておりますので、売却をお考えの方は、必ず仲介業者との媒介契約が必要となります。

その契約を行った後で、仲介業者は広告を開始するという流れです。

 

媒介契約とはいってもいくつか種類があります。

◎一般媒介契約

◎専任媒介契約

◎専属専任媒介契約     この3種類から選択します。

 

では、それぞれ特徴を見ていきましょう。

 


 

一般媒介契約・・・一番多い契約が、この一般媒介契約です。

 

<特徴>

・仲介依頼を複数の仲介業者に依頼することができる

・売主自ら探してきた相手と直接取引できる。

・不動産業者間で共有している、物件情報サイト(レインズ)へ物件の登録義務がない。※登録してもOK

・契約の有効期限の定めがない。※定めてもOK

・業務の処理状況の報告義務がない。※報告してもOK

 

 

専任媒介契約・・・次いで多い契約がこの専任媒介契約です。

 

<特徴>

仲介依頼は1社しかできない。

・売主自ら探してきた相手と直接取引できる。

・レインズへの物件登録義務が有り(契約後、7日以内。※休業日は除く)

・契約の有効期間は3ヵ月以内

・仲介業者は、業務の処理状況の報告を、2週間に1度以上の頻度で行わなくてはならない。

 

 

専属専任媒介契約・・・数が最も少ない契約です。

 

<特徴>

仲介依頼は1社しかできない。

・売主自ら探してきた相手であっても、仲介業者を介して取引をしなくてはいけない。

・レインズへの登録義務が有り(契約後、5日以内。※休業日は除く)

・契約の有効期間は3ヵ月以内

・仲介業者は業務の処理状況の報告を、1週間に1度以上の頻度で行わなくてなならない。

 

 

と、大まかではありますが、このような内容です。

 

 

どの契約にするかは一般的に売主様に決めて頂きますが、当店では基本的に、一般媒介契約を結ばせて頂いております。

不動産業者といえども、得意分野(賃貸、売買、買取再販、投資、エリアなど)は様々です。

その為、複数の業者に依頼をかけられる一般媒介契約の方が、売主様のメリットが大きいと考えているからです。

 

もちろん、当社はレインズへ登録をしますし、定期的な業務の報告も可能です。

専任契約だと期間中は業者を変えたくても変えられませんし・・・

 

 

と、、知ってるのと知らないのとでは大違い。

不動産業者の自分が言うのもなんですが、不動産業者の言われるがままでもいけません。。。

知っておいて損なし!

 

そんなところで、当店でも売却依頼、売却相談は大歓迎でございます!

 

売却でお悩みの方、まずは物件査定。

もちろん無料ですので、お気軽におっしゃって下さい(^^)

Fudousan Plugin Ver.5.3.2